2012年02月14日

注射の毎日…

かぼすの状態は3歩進んで2歩下がってるかんじ。
膵炎自体が時間がかかるというのもあるし、かぼすの場合、ウチに迎えたときからお腹の弱いコだったのでもしかしたら…もうずっと悪かったのかも知れません。
慢性膵炎なのかな〜という感じです。

絶食で背中に補液を入れてもらっていたのですが、調子がイマイチだったので昨日は病院が開いている間預かりで点滴を。
さすがに点滴のルートを抜いたりしたら危ないのであんずが付き添うわけにも行かず、初めての一人ぼっちの半日入院です。
血管から薬を入れられたことで状態は上向いたように見えるのですが、今度は入院のストレスが。。。

入院中は観念しておとなしく、とういうかしょぼくれていたようですが、迎えに行った私たちを見た瞬間、暴れだしキャンキャン泣いて私もパパもつれてきた看護師さんもビックリ!
待合室で「どうしたの?痛いの?何なの?」とパニックになる私たちの騒動に先生が出てきて、先生もビックリ。
(昨年作った伝説…避妊手術の予定で預けたら、診察に支障をきたすほど鳴きまくった…をこの先生は知らなかったようで、話には聞いていたけど入院中はずっと静かだったので、まさかこんなに騒ぐとはビックリ、って感じ・苦笑)
そして
「痛かったらこんなに動けないし、痛いことされた!とか、なんで置いていったの!って感じだね。」と。
家につれて帰ってからもしばらくは「うー」と唸ったり、遠巻きに私を睨みつけてたり、パパと私の布団にお粗相し、ようやく許してくれましたとさ…

そんなこんなですが今日も病院へ。
本当は今日も半日入院で点滴の予定でしたが、ストレスを考慮し、朝と夜に注射で通うことになりました。
120214(1).jpg
点滴がすぐに再開できるように、ルートは取ったまま。(黄色の包帯のところ)

昨晩から食事もほんの少しの量から開始していて、今のところ吐いていないしお腹の痛みも無いようでちょっとほっとしています。
後は、下痢の状態がどうか…様子見です。
食べることが大好きなかぼすから数少ない楽しみを奪ってしまうのは悲しいので、どうか普通にご飯が食べられるようになってほしいなと願っています。
ニックネーム kana at 12:06| Comment(0) | 健康記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント